お知らせ

スタッフ募集!(2018.11.12)
現在、当院では一緒に働いて頂けるパートスタッフを募集しております。
未経験の方やブランクのある方にも親切に指導致します。
職種:歯科助手兼受付
時給:950円

詳細は当院までお気軽にごお問い合わせ下さい。


ホームページをリニューアルいたしました(2018.10.15)
当院のホームページをリニューアルいたしました。
スマートフォンでの閲覧にも対応しています。
気象変動等による臨時休診 、学会出張による休診、その他、急なお知らせはこの欄でお伝えいたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

医院案内

中尾歯科医院

所在地

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目2-8
TEL:078-411-9268

診療科目

歯科・口腔外科・小児歯科

診療時間
  日祝
9:00~12:30
14:30~18:30
休診日

日曜・祝日(臨時休診有)

アクセスマップ

JR摂津本山駅から徒歩5分

Google Mapで見る

当院の歴史

歯科としては長い歴史を有する中尾歯科です。
ただ漫然と続いていた訳ではありません。
それは初代の並々ならぬ努力があったからに他なりません。
努力をするのは当たり前のことですが、学識・臨床経験・歯科に求められる器用さ・そして経営感覚。
ところが太平洋戦争で灰燼に帰した中尾歯科。
厳しい状況の中で昭和45年初代は永眠。直ちに長男が継承することができました。
しかし歯科大学設立ラッシュの折柄、2代目は明海大学歯学部(現、城西大学歯学部大学)に請われて教授として赴任いたしました。
後に残ったのは抑留後引き揚げてきてポコッと生まれた来た僕です。
昭和47年卒業し、神戸大学歯科口腔外科入局、無給医局員として研修生活に入りました。
兄が辞めるので仕方なく、無理やり昭和48年1月に三代目として院長に就任致しました。
さらに良い事か悪い事か、昭和51年に文部教官赴任と同時に中尾歯科は休院せざるを得ませんでした。
大学人として10年間懸命に過ごし、医学博士の学位記もいただき、やっと中尾歯科の立ちなおしのため昭和57年春大学を退官致しました。
新築なった中尾歯科でがむしゃらに経験を活かし、県下初めての有床診療所とし、入院下で手術もしていましたが、そのうちに家内が音を上げてしまいました。
入院患者様のご飯の用意やら身の回りのお世話は大変なのです。やむなく断念し、友人の外科と提携し手術症例はそちらの病院に往診し手術をしていました。
当時はシートベルトの義務化がなかったので、顔面外傷、特に下顎骨骨折が非常に多かったのです。阪神淡路大震災を機に提携病院も大きく変化し、中尾歯科は本来の歯科と小外科の診療の日々に変化してきました。
第三代院長の私も老齢化には勝てないので、娘(梶 百合子)には是非伝統に基づいた、 誠意と確かな治療技量を提供してくれることを望んでいます。
私も可能な限り外来に顔出しし、スタッフ皆の気配り心配りに支障なきよう見守って参りますので、どうぞよろしくお願い致します。
尚、歴史がある診療所といっても老舗旅館や匠の技の伝統工芸ではありません。
歯科医院ですので、厚労省の療養担当規則を遵守した正当な診療を続けているだけです。
決して伝統の技の伝承などはありません。

スタッフ紹介

院 長:中尾 薫

略 歴

昭和47年 大阪歯科大学卒業
同年 神戸大学医学部歯科口腔外科入局
昭和49年 麻酔科にて半年間研修
昭和54年 外来医長
昭和57年 退局
同年 中尾歯科医院開院

現 在

日本化学療法学会 評議員
日本歯科薬物療法学会 評議員
一般社団法人 兵庫県歯科医師会 副会長

資 格

神戸大学医学博士
インフェクション コントロール ドクター(ICD永久資格)

社会奉仕

我が家には警察犬チャンピオン犬のシェパードがいます。(現在兵庫県警嘱託犬)


その他

中尾 薫のセントインフォメーションとブログがありますので、興味ある方は是非ご覧ください。

副院長:梶 百合子

略 歴

平成16年 大阪歯科大学卒業
同年 神戸大学医学部歯科口腔外科入局
 2年間の卒後研修終了後、三菱神戸病院歯科口腔外科へ出向
 神戸大で口腔感染症研究班において研究に従事
平成19年 医局退局
同年 中尾歯科医院勤務 現在に至る

歯科医師:後藤 育子

略 歴

平成16年 岡山大学卒業
同年 神戸大学医学部口腔外科入局
 2年間の卒後研修終了後、麻酔科にて半年間研修
 兵庫県立がんセンター 口腔外科
 東加古川市民病院(現 加古川市民中央病院)歯科口腔外科
 川崎病院 歯科口腔外科へ出向
平成27年 神戸大学大学院医学研究科医科学専攻の博士課程修了  現在に至る

資格:平成26年 口腔外科専門医

歯科衛生士 : 花田 茉優子

訪問衛生士


左から6名が訪問衛生士

院内感染対策

院内感染対策については、インフェクション コントロール ドクターとして万全を期しております。

院内紹介

ページのトップへ戻る